低価格の万年筆のコレクションを始めました

高級な商品というイメージがある万年筆ですが、1万円以下のリーズナブルな値段で購入できる万年筆を集めています。

パソコンが普及してきたことで、手で何かを書くことが少なくなってきましたが、万年筆を使って手で何かを書くと改めて手で書くことの面白さを再発見できます。

仕事で万年筆を使っている人がいて、ボールペンとは違う文字の表現を見て面白さを感じたのがきっかけ。

低価格の万年筆の中でも、最も手頃な値段と言っても過言ではない200円の万年筆を使い始めました。

200円なので、ボールペンとそれほど違いはないだろうと思っていましたが、実際に書いてみると、筆圧で線の太さが変えられたり、ボールペンではできない「止め」や「はらい」まで表現できるのに驚きました。

ボールペンもペン先の太さによって線の出方を変えることはできますが、書いている人の筆圧でインクの出方が変わるため、より細かい表現ができるのです。

さらに、万年筆は使っている人の書き癖に合わせて変化していくのも特徴。

書いていくうちにどんどん書きやすくなっていきます。

日本には万年筆メーカーがいくつかありますが、メーカーに限らず、万年筆ごとに書き味が変わります。

自分が書きやすい万年筆を見つけるとさらに書く面白さ、楽しさを味わえます。

また、万年筆は書き味のよさもありますが、そのデザインもボールペンより豊富なんです、自分好みのデザインの万年筆を見つけて使えば、愛着が湧いてきます。

使いやすい万年筆を求めて、まだ色々な商品を試したいと思います。

万年筆は通常のボールペンや鉛筆と違い心が洗われるといいますか、まさに筆で書いているといったこころ豊かになるというところがところではないでしょうか。

現実として筆では日常に使う機会が少なく、役所に行ったときとかも筆で書くことなどできませんのでマイ万年筆で書くということは自己満足だと思うのですがいい気持ちになります。

しかし手紙やいろいろな文書を書くにあたって万年筆で書く以上、字が綺麗でないとちょっとカッコ悪く感じますので、意識して丁寧に書くようになりました。

字は心を表すといいますが、まさしくその通りで万年筆で書くようになって文字は丁寧に書くようになったのはもちろんのこと、手紙などの場合相手のことを考えながら書くようになったのもいいことではないでしょうか?

デジタル化が進む世の中ですが、あえてアナログにこころを込めてといったことが、さらに新しい万年筆を欲しくなり、こだわりを持つようになり楽しくなってきました。

デジタルからアナログへ、時にはいいものですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク